今、世界規模で資源不足が問題になっており、日本では電力の不足がよくあがるようになっています。電気を使用するには発電が必要で、日本は現行石油・石炭・天然ガス・水力・原子力そして再生可能エネルギーと呼ばれる風力・地熱・太陽光を用いて電力を発電しています。電力問題において資源不足と話題になる時にはこの中で再生可能エネルギーを抜いたものが将来的に枯渇する可能性があることによります。

また、日本では今、原子力発電所に関して賛否が分かれており社会問題の一つとしてあげなければならない状況にあります。そんな中でエコでクリーンに発電ができる方法として注目されるのが再生可能エネルギーであり、家庭でも比較的容易に貢献することができるのが太陽光を利用した発電方法なのです。

太陽光発電がエコである理由はずばり消耗品となる資源を使用しない所にあります。

また、石炭や石油を用いる場合には限られた資源を大量消耗することになります。太陽光発電はその名前の通りに私たちの地球を照らす太陽の光を利用します。太陽の光が太陽光発電に用いる特殊な太陽光電池に当たると光電効果によって電子が生み出されるようになっており、石炭などの資源を一切使用しないエコな発電なのです。

地球資源を守る上でエコと共に注目したいのが、その発電方法がいかに地球を汚さないクリーンな物であるのかです。その点でも太陽光電は様々な発電の中でも優秀です。

今、日本のおおよそ6割を担う火力発電の場合、温暖化現象を起こす二酸化炭素を排出し、大気汚染物質である硫黄酸化物や窒素酸化物が生成されてしまう問題点があります。

また、原子力発電は少ない資源で大量のエネルギーを生み出すことがええきる反面として人体に重大な影響を及ぼす放射性廃棄物が生み出され、その処理にも危険と資金、処理場などの専用の施設が必要になります。

一方、太陽光発電では大気汚染物質や二酸化炭素の排出がありません。地球を汚すこと無く電力を生み出すことができるクリーンな発電方法であると言えるのです。

工場・倉庫の屋根で太陽光発電。表面利回り12%(弊社条件)の高収入。