2016年10月15日

クリーンなエネルギーである太陽光発電のためのソーラーパネルを設置する時期

太陽という実に巨大でそのエネルギーは途方もないものであり、その太陽のパワーのごく一部が地球に届いているだけで人間には十分過ぎるものがあります。そのエネルギーを吸収して電力を作り出すもの、それが太陽光発電であり、ソーラーパネルを設置すればそれができるということになります。特に東日本大震災で原発事故が起きてしまったことでナチュラルでクリーンなエネルギーを活用する動きが活発になりましたが、その中で最も注目されたのがこの太陽光発電です。

この太陽光発電に参入する企業はどんどん増えましたし、農地で普段使用していない土地にソーラーパネルを設置する農家もかなり出てきました。それはそれによって作り出した電気で自宅の電気代をまかなうという以外にも、その電気を売ることで利益を生み出すという投資の役目を果たしてくれるからです。初期費用はかかってもやがてはその費用を回収することができるし、環境エコという面でも地球に貢献することになるからです。

ではその太陽光発電ですが、これからソーラーパネルを設置したいという個人の家庭も多いことでしょう。初期費用は以前よりも下がってきていますし、商品そのものの耐久性や信頼性という面でもよくなっていますので、壊れにくいという安心感を持つことができるようになりました。ですが、気になるのは売電価格が下がってきているということです。導入当初はかなりメリットの多いものとなっていましたが、この売電価格の低下で初期費用を回収する時期がそれだけ長くなってしまって遅くなってしまうという部分が懸念されるところです。今回消費税の8%から10%への増税は延期になりましたが、いずれは増税になる流れと思いますので、今のうちにつまり増税前にソーラーパネルの設置を検討してみることができます。そして売電価格が下がっていくであろうという傾向にあるために、できるだけ早く設置をすることが初期費用の回収の時期を早めることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です