2016年8月20日

交渉によって割引される事がある太陽光発電

太陽光発電は、メリットはとても大きいです。ただ一部の方々が、費用に関してネックを抱いているのも、また事実です。

そもそもソーラーパネルを設置するとなると、最初にまとまった費用が必要になる事は間違いありません。それがどれ位の費用になるかはケースバイケースですが、いずれにしてもお金がかかる以上は、節約を望むのは自然な感覚と言えます。

ところでパネルを設置するとなると、必ず専門の業者に任せる事になります。

自力でその設置を行う事も可能ですが、何せかなりの専門知識が必要になるのです。

覚える内容もかなり多いので、やはり多くの方々は施工業者に任せるケースが目立ちます。

そして業者に任せるとなると、一旦は見積もりを出してもらうケースが殆どです。

そもそも業者に太陽光のパネルを設置してもらうとなると、まず一番最初の段階としては、連絡をする事になります。それで業者と打ち合わせを行って、現場の状況を確認してもらう訳です。その状況に応じて、パネルの料金などが伝えられるケースが殆どです。すなわちその段階で、施工料金などが算出される事になります。そして、その見積もりが非常に重要なのです。なぜならその手続きを行う時の話次第では、料金を節約できる事もあるからです。

例えば施工業者から、全ての料金が150万と提示されたとします。それでは少々高すぎると感じることもあるでしょう。

その場合は、業者と交渉をしてみる手段もあります。150万円台などでなく、130万円台に下げて欲しいと話をしてみる訳です。その話は、是非してみた方が良いでしょう。

なぜなら、業者は交渉に応じてくれるケースは意外と多いです。上記のように20万ほど下げられる事例なども、実はかなり多く見られます。状況によって、30万前後は割引されるケースもあるのです。

もちろんそこまでの金額ダウンが生じると、依頼主としては非常に嬉しいですね。ただし話し方などは、やはり注意を要します。話し方1つで成功率も大きく変わってきます。言い回しや交渉の表現方法などを、自分なりに色々と工夫してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です