2016年6月24日

私が太陽光発電を導入したきっかけ

私は2011年の東日本大震災の時に、当時暮らしていた東京都内の23区の自宅が輪番停電の対象地域となり、人生で初めての計画停電を経験した事がきっかけとなって自宅に太陽光発電の導入を決意しました。私はそれまでの人生の中で、正直一度も太陽光発電などの自家発電装置を自宅に設置しようとは夢にも思っていなかったのですが、さすがに大規模な計画停電をわが身をもって体験した事が、自給自足の電力である太陽光発電の設置を決めるきっかけとなったのです。

2011年の計画停電の際には、都内に暮らしている私の友人や知人、そして会社の同僚や上司なども多数の人が自宅に太陽光発電を導入し、私も太陽光発電を自宅に導入する際には彼らの自宅に太陽光発電の装置を設置した際の太陽光発電の業者選びのチェックポイントや、太陽光発電を自宅に設置して導入する際の初期費用の総額などについてアドバイスをもらう事が出来ました。

太陽光発電の自宅への導入にあたっては、インターネットの太陽光発電の設置会社の価格比較サイトを利用して仮の見積もり価格を登録しておいたメールアドレスに送信してもらい、仮査定額を見積もりとして出してきた太陽光発電の設置業者の中から一番メールでのやりとりにおいて誠意と真心を感じる事が出来た地元の太陽光発電業者に自宅に本査定の為に太陽光発電の設置前に来てもらう事となりました。

私がインターネットの太陽光発電の価格比較サイトを利用して自宅での太陽光発電にかかる初期費用を試算してもらった時には、私が思っていたよりも安い価格で自宅に太陽光発電の装置一式を設置出来る事が分かり、なおかつ自宅に太陽光発電の設置をした際にかかった初期費用を償却出来る減価償却の期間も5年前後で償却出来るという予測を出してくれたので、安心して自宅に太陽光発電に必要な装置をすべて無事に設置する事が出来、太陽光発電の設置業者の担当者もこちらの意見も取り入れた設置をしてくれたので、非常に助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です